楽天トラベル

楽天トラベルのRaCoupon(ラ・クーポン)が、今年新しく「宿クーポン」へと生まれ変わりました。


最大の特徴は「宿クーポン」利用時の送客手数料は+3%になります。

仕組み自体はそれ程変わっていないのですが、楽天トラベル内での宿泊料金の割引クーポンRaCoupon(ラ・クーポン)のネーミングが → 宿クーポンになったのはご存知でしたか?



メリットはいかに!?

この宿クーポンを発行する事で 自動的に楽天トラベル内での露出が強化され、ユーザー訴求力が強まりまるのがウリのようです。

【宿クーポンとは?
それぞれのホテル・旅館がオリジナルでご用意している割引クーポンです。


では以前と何が違うのか?
それを見ていきましょう!



お分かりですか?
以前と変わらず宿クーポンの発行やお申込は無料で出きるようですね。


しかし 実際の宿泊(チェックアウト)を元にした通常のとは別に、販売促進システム利用料が+3%発生するようになりました。

以前のRaCoupon(ラ・クーポン)では 販売促進システム利用料なんかは無く、今までは無料で利用出来ただけに なんだか高く感じますね〜っ(^_^;)


主な注意事項

■誤って宿クーポンを発行し、予約が成立した場合の補填は不可となります。

■宿クーポンでは、旧ショップクーポンで設定可能であった「表示・非表示」「ランク」「誕生月」「性別」項目は設定出来ません。なお、コピー機能利用時にも引き継がれなくなりました。

■販売促進システム利用料のご請求は、チェックアウト翌月末。お支払期限は、チェックアウト翌々月末となります 。

■貴社から楽天に対する、あらゆるお支払におきまして、楽天から貴社へ督促状等が送られた場合、 一定期間、管理画面から宿クーポンの発行が出来なくなる恐れがあります 。

■販売促進システム利用料は、宿クーポン利用の予約が発生した際にお支払いいただきます。 また、サービスクーポンは基本的に手数料無料ですが、楽天主催の企画によって販売促進システム利用料が発生する場合 がございます。尚、宿クーポン、サービスクーポン問わず、楽天主催の企画の場合は手数料率は各企画書にて定めます。



なるほど。

ボクなりの結論から言うと、自己負担の宿クーポンを発行して 実質的な値引きをした上に、更に手数料が+3%なるのであれば 別に使う事は無いかな〜?


楽天トラベルの言い分とは?

しかしながら楽天トラベルのITCが宿クーポンを勧める理由としてはこんな感じでしょう。


①、+3%になっても、じゃらんnetや海外サイトの手数料とあまり変わらないから。
②、今までのRaCouponは今までR-mailやSNSでしかPR出来なかったのですが、宿クーポンはアイコンが付き目立つようになった。
③、九州エリアは昨年の「ふっこう割」にユーザーが慣れている為に、しばらくはクーポン施策は外せない。


などなど。
ふむ、それも一理あるでしょう。


そもそも論になっちゃいますが、宿側の日々の魅力磨き・魅力発信って大事ですよね?

なのでクーポンや値引きなんかが無くても「利用したい」「行ってみたい」って思って頂けるような宿泊施設である事。


以前「マジ☆部」の記事を書きましたが、そんなモノに頼らなくても行きたくなるような仕組み。

今後宿泊施設として こんなクーポンや値引きなんかに頼らず&考えなくとも、来て頂けるお客様の満足な滞在を考えて行く事の方が尊いんじゃないかと感じております。


■関連記事

タダにして良い事なんて何一つ無い│リクルートライフスタイルの「マジ☆部」をマジで考える
賛否両論ありますが、ボクはこのビジネスを正当化させてはいけないと思っています将来の見込み客を創出する為?であれば こんな事させる...
The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。大分県の由布院温泉に在住。 現在、宿泊予約サイト&サイトコントローラーマーケッターとして、大分県・由布院温泉を中心にネット集客のサポートを展開中。特に、宿泊予約サイトコントローラーの「手間いらず.NET」を愛用し、現在24予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、連動・連携可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして、宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館の売り上げに繋げています。

関連記事

  1. 楽天トラベル

    ■楽天カードに家族でポイントおまとめサービスが追加!

    ポイントを有効活用し、楽天の各種サービスでさらにお買い物を楽しめま…

  2. R-with

    自社HPの予約システムを再度考える。まずは楽天トラベルの「R-with(アールウィズ)」Part.1…

    カンタンに言うと、R-withは小規模施設に優しい無料のシステムです。…

  3. 楽天トラベル

    ■自社の予約フォームがR-withなら、英語サイトも用意しよう!

    こんにちは!たまには海外旅行に行きたい…宿泊予約サイトマーケッター…

  4. 楽天トラベル

    日頃からお世話になっている宿泊予約サイト(OTA)の会社を訪問│東京出張2日目

    30代の時憧れていた、あの場所にやっと行けました昨日の続きで、私事です…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. TOMARERU

    ■2020年東京オリンピック等に向けて、国家戦略特別区域法の「旅館業法の適用除外…
  2. 楽天トラベル

    固定概念を捨てる│ベッドに脚なんてなくてよい
  3. Yahoo!トラベル

    ■Yahoo!トラベルがサイトコントローラー「ねっぱん!」との連携を発表!
  4. 楽天トラベル

    遂に楽天トラベルでも「宇和島運輸フェリープラン」の販売開始!専用プラン作成で無料…
  5. じゃらんnet

    ■もう旅行雑誌の意味合いなんて無くなってしまったのかも知れない。
PAGE TOP