川嶋の原点

一年ぶりの同窓会│今度は福井県立高浜中学校の同窓会に参加!Part.2


40人以上が来てました!

いや〜、去年のお正月に小学校の同窓会があったんですが…

あの頃のように│福井県立高浜小学校の同窓会に参加しました。
6年1組・2組から30人が集合!成人式以来、20年ぶりの再会いや〜っ、楽しくそして懐かしかった〜!!今回 福井の実家に帰省した際に、一...



今年は高浜中学校の同窓会があったので、参加してきました!


20数年ぶりの同級生も居て、なんとなく照れ臭かったりします。



実はボクは中学校時代バスケ部でした。あ〜懐かしい!



それと、去年の4月…。

大分地震の後、湯布院に泊まって応援してくれた秋山とも再会!

同級生は大歓迎│中学3年生の時の同級生がホントに遊びに来たよ!
なんでもFacebookのタイムラインで「湯布院ファイト!」の記事がよく流れて来たとか(笑)こんにちは、川嶋です!二日前の事ですが、5/5...


あんまり久しぶり感が無いのは Facebookのおかげかな?


またこうして同級生と会えるのは、理屈抜きで嬉しいモノですね〜。



Facebookをキッカケに東京で再会した浅野は、三次会でウクレレ弾いてました♪

芸達者やな〜。



それと結構同級生のみんな、地元の観光や産業の事について一生懸命話してくれました。

ボクは生まれ故郷を離れて23年になりますが、そんな皆が心強かったです!


地元高浜町は原発もあるのですが割りと海水浴で有名で、夏は旅館や民宿が結構賑やかになるのですが、福島原発の事故以来はお客さんが減っているようです。

ボクも将来的に自分の仕事の延長線上に、地元の宿泊をなんとかネットを使って盛り上げたいって感じましたね。

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋の原点

    お客様がひたすら電話で根掘り葉掘り聞いた割に、予約が成立しないと言う虚(むなし)さよ。

    忙しい時間に電話が入って困った事はありませんか?おそらく不泊まりの次ぐ…

  2. 川嶋の原点

    車中泊って実際どうなの?│って事で、娘と車中泊しながら福井へ帰省する事に。

    なんでも気になったらやってみましょう今、こんなトコでBlog書いてます…

  3. 川嶋の原点

    大阪から栄養士時代の”旅友”が来て、旅好きの原点に回帰

    約3時間ほどの別府滞在、久しぶりに吉田と再会でした。今でこそインターネ…

  4. 川嶋の原点

    宿泊予約サイトが大好きな川嶋雄司プロフィール「川嶋雄司」ってどんな人?②

    川嶋の歴史なんて、読んでも面白くない人は・・・無理して読まないでく…

  5. 川嶋の原点

    2015年も、各OTAの方・サイトコントローラーの会社の方に大変お世話になりました!

    今年も一年、Blogを更新出来ました。おはようございます。今、私の実家…

  6. 川嶋の原点

    ■過去のBlog(アメブロ)でアクセスが多かった記事をまとめてみました。

    どう言う内容に興味・関心があったのか?がなんとなく分かります。こんにち…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. Apple Watch

    自社予約システム「ダイレクトイン」と、レジャー・遊び体験予約の「asoview!…
  2. じゃらんnet

    ネット担当者は毎年行くべし!│今と、これからを知る「じゃらんフォーラム2017」…
  3. エクスマ

    パッケージマーケッター「マツ」の出張・続編│寄り道もココまで来るとスゴイ!
  4. Booking.com

    Booking.comから無料で貰える「三角のアレ」がちょっと微妙になったかも?…
  5. おすすめランチ・ディナー

    豊後高田・昭和の町の老舗大衆食堂「大寅屋」さんに行って感じた事
PAGE TOP