*

部屋タイプ数とプラン数で最適な数はどれぐらいか?

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 川嶋雄司の独り言 ,


はっきり言ってプラン数が多過ぎると、お客様は逃げます

こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です。

国内の旅館やホテルをWEBで販売する時、絶対欠かせないのが「部屋タイプ」と「プラン」ですよね?
なぜなら、この2つの登録が無ければ国内の宿泊予約サイトで販売出来ないからです。

ちなみに海外サイトには「プラン」と言う概念がありません。
※だいたい「Room Only」「Breakfast」「HarfBoard」の3パターンぐらいかな?

なので「カニプラン」や「すき焼きプラン」みたいなのは、インバウンドサイトにはありません。

しかし、あれやこれやお料理プランに対応出来る料理スタッフが宿にいたとして、仮にそれら全てをじゃらんnetや楽天トラベルなどでプラン販売しても、プランが多すぎて現場が混乱するのはもちろん 予約しようとするお客様にもストレスがかかってしまい、予約に結びつき辛くなります。


では、どれぐらいの部屋タイプ数が最適なのか?
プラン数はどれぐらいが売れやすいのか?


国内外の違いはありますが、自分なりに色んな視点で書きたいと思います。

売れると言う事は、やはり分かりやすいと言う事

施設の規模にもよるのですが、部屋タイプやプラン数は「予約フォーム」でどれぐらい見やすく比較しやすく、そして分かりやすいか?コレが重要です。


まずお客様が今まさに、ご自身の宿をスマホやパソコンで予約しようとしている視点を持ちましょうね。

そうした場合にプランや部屋タイプが多すぎては、どれを選んで良いのかと迷わせてしまう事が結構あります。

それに管理している方が まずしっかり把握していなければ、お客様も同じように迷わせてしまうんです。
※ちなみにリピーターの方って、毎回だいたい同じプランで予約されます。

なお 部屋タイプですが、わかりやすいところで言えば「松・竹・梅」の価格差ぐらいがあれば、お客様は「竹」を選ぶ心理が強い傾向がありますね。

 

ではどんな客層の方に来て欲しくって、どんなサービスを提供したいのか?

単純にプランが多いだけなのはお客様からして選びづらいし、宿のコンセプトもブレます。

 

また プランが多い事で厨房の対応がパンク状態になる事もあり、流れが悪いと料理提供時間がかかるなど、クレームの元となります。

それに「このプランとこのプランは何が違うの?」や「料金が一緒だけど何が変わるの?」などの問い合わせも増えそうです。

 

ボクなりの結論

まず湯布院エリアに多い、小中規模施設であればと言う前提で結論を書きます。

●お部屋タイプは3つ以内。
●プランは10以下。

コレぐらいで良いでしょう。
ただし、部屋が50も100もあれば話は別ですよ。


もし仮に10部屋ある施設で10タイプを部屋売りされてるとすれば、施設のエリア毎やプラン毎でしっかりすみ分けされる事をオススメします。

この場合 1プランに10部屋全てをヒモ付けするのではなく、3〜5タイプぐらいが良いかな?


プラン=商品です。

お客様からして分かりづらいモノは選ばれづらいモノですから、分かり易さと見やすさに重きを置いて販売提供して行きましょうね!


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司
1975年、福井県高浜町出身。大分県の由布院温泉に在住。 現在、宿泊予約サイト&サイトコントローラーマーケッターとして、大分県・由布院温泉を中心にネット集客のサポートを展開中。特に、宿泊予約サイトコントローラーの「手間いらず.NET」を愛用し、現在24予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、連動・連携可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして、宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館の売り上げに繋げています。

関連記事

■大晦日の宿泊者で、紅白歌合戦を見るお客様には「NHK紅白アプリ」を教えてあげると喜ばれるかも?

紅白歌合戦でもどかしかった、あの問題を解消! もうすぐ2014年も終わり…旅行者も

記事を読む

行動はコピー出来ない│斎藤工さんが湯布院に来てくれてました。

女性が喜べばOKです!!昨日TOSテレビ大分にて、先月俳優の斎藤工さんが来られていた様子を放送してい

記事を読む

湯布院の街に賑わいが戻ってきました!

GWだからって言う事もあるけれど、やっぱり嬉しかったですね。こんにちは、川嶋です!この一枚の写真、い

記事を読む

旅館のタブーをぶっ飛ばそう!│スタッフ募集は共感の時代へ

経営者がスタッフに光を当て、かつSNSを楽しむ視点こんにちは。旅館のネット販売の幅を広げて、宿の売り

記事を読む

客室に置いているモノの全てがスマホと繋がる日

クラウドを通して身の回りのモノをコントロール・管理する日が来るIoT(Internet of Thi

記事を読む

海好き&写真好きな人にオススメ│潮が引くと渡れる、国見半島の『馬ノ背』

昨日は祝日でしたが、人はほとんどいませんでした。こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋

記事を読む

ボクがサイトコントローラー「手間いらず.NET」を好きな理由

間違いなく、彼が湯布院に来てくれたからです。あれはかれこれ4年前の事…。当時サイトコントローラーの「

記事を読む

■ネットの宿泊販売での値下げについて考えてみる。

お客様は値下げを期待している訳ではない。 こんにちは!予約サイトが大好き♪ 宿泊予約サイトマ

記事を読む

旅館・ホテルの「手仕舞い(てじまい)」は、いい加減に設定してはいけない

「素泊まり」「一泊朝食」「一泊二食」そして「全体」で設定をインターネットによる販売で最大限売り上げを

記事を読む

■宿泊アンケートもWEBでやっちゃおう!無料セルフアンケートASP『Questant(クエスタント)』

  いざ、ペーパーレスの時代へ こんにちは!宿に置いてるアンケートは一度も書いた事

記事を読む


follow us in feedly



  • Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket Clip to Evernote