川嶋雄司の独り言

部屋タイプ数とプラン数で最適な数はどれぐらいか?


はっきり言ってプラン数が多過ぎると、お客様は逃げます

こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です。

国内の旅館やホテルをWEBで販売する時、絶対欠かせないのが「部屋タイプ」と「プラン」ですよね?
なぜなら、この2つの登録が無ければ国内の宿泊予約サイトで販売出来ないからです。

ちなみに海外サイトには「プラン」と言う概念がありません。
※だいたい「Room Only」「Breakfast」「HarfBoard」の3パターンぐらいかな?

なので「カニプラン」や「すき焼きプラン」みたいなのは、インバウンドサイトにはありません。

しかし、あれやこれやお料理プランに対応出来る料理スタッフが宿にいたとして、仮にそれら全てをじゃらんnetや楽天トラベルなどでプラン販売しても、プランが多すぎて現場が混乱するのはもちろん 予約しようとするお客様にもストレスがかかってしまい、予約に結びつき辛くなります。


では、どれぐらいの部屋タイプ数が最適なのか?
プラン数はどれぐらいが売れやすいのか?


国内外の違いはありますが、自分なりに色んな視点で書きたいと思います。

売れると言う事は、やはり分かりやすいと言う事

施設の規模にもよるのですが、部屋タイプやプラン数は「予約フォーム」でどれぐらい見やすく比較しやすく、そして分かりやすいか?コレが重要です。


まずお客様が今まさに、ご自身の宿をスマホやパソコンで予約しようとしている視点を持ちましょうね。

そうした場合にプランや部屋タイプが多すぎては、どれを選んで良いのかと迷わせてしまう事が結構あります。

それに管理している方が まずしっかり把握していなければ、お客様も同じように迷わせてしまうんです。
※ちなみにリピーターの方って、毎回だいたい同じプランで予約されます。

なお 部屋タイプですが、わかりやすいところで言えば「松・竹・梅」の価格差ぐらいがあれば、お客様は「竹」を選ぶ心理が強い傾向がありますね。

 

ではどんな客層の方に来て欲しくって、どんなサービスを提供したいのか?

単純にプランが多いだけなのはお客様からして選びづらいし、宿のコンセプトもブレます。

 

また プランが多い事で厨房の対応がパンク状態になる事もあり、流れが悪いと料理提供時間がかかるなど、クレームの元となります。

それに「このプランとこのプランは何が違うの?」や「料金が一緒だけど何が変わるの?」などの問い合わせも増えそうです。

 

ボクなりの結論

まず湯布院エリアに多い、小中規模施設であればと言う前提で結論を書きます。

●お部屋タイプは3つ以内。
●プランは10以下。

コレぐらいで良いでしょう。
ただし、部屋が50も100もあれば話は別ですよ。


もし仮に10部屋ある施設で10タイプを部屋売りされてるとすれば、施設のエリア毎やプラン毎でしっかりすみ分けされる事をオススメします。

この場合 1プランに10部屋全てをヒモ付けするのではなく、3〜5タイプぐらいが良いかな?


プラン=商品です。

お客様からして分かりづらいモノは選ばれづらいモノですから、分かり易さと見やすさに重きを置いて販売提供して行きましょうね!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。現在は大分県湯布院町在住。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は由布院温泉エリアを中心に、箱根・山形・富山など、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売をサポート。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 川嶋雄司の独り言

    台風による宿泊キャンセルを最小限に食い止め、かつ予約を受け入れやすくする方法

    ずばり、自然災害にはリアリティーのある情報発信しかありませんもうすぐ台…

  2. 川嶋雄司の独り言

    寒さが湯布院の価値になる│売り上げに振り回されず、焦らない事が大事

    不足をあまり感じ過ぎないようにしよういよいよココ大分県・湯布院でも本格…

  3. エクスマ

    【強烈な欲求を呼び起こす販促】似たようなモノより突き抜けたモノが支持される時代へ。

    石橋を叩いて渡った商品にヒットは無い。独自性に見る今後の宿泊のカタチこ…

  4. 川嶋雄司の独り言

    7月半ばに開催│ホテル・旅館経営に特化した、宿屋大学の経営セミナーは業界必見!

    7月13日(木)・14日(金)、宿泊ビジネスの経営改善、収益力アップが…

  5. 川嶋の原点

    福井出身のボクが今湯布院で働いている理由②

    自転車旅行を終えた後、京都のイタリアンレストランへ就職21歳で自転車旅…

  6. 川嶋雄司の独り言

    誰の為の宿で、誰の為の宿泊プランなのか?を再度考える。

    プラン=商品と言う意識をしっかり持つ昨日の夕方クライアントの旅館さんに…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. 手間いらず.NET

    「ジャルパック(eエントリーシステム)」更新期間が6ヶ月→12ヶ月に延長しました…
  2. かんざしクラウド

    プラン一元管理ソフト「かんざしクラウドEA」で連携サイトが増えて更にパワーアップ…
  3. じゃらんnet

    現状や未来は変えられる。ただ一歩踏むこむだけ。
  4. じゃらんnet

    宿泊予約サイトによって料金が違うのは何故か?
  5. じゃらんnet

    来年度から開始のツール│「じゃらん販促クーポン」はやるか否か? Part.2
PAGE TOP