*

部屋タイプ数とプラン数で最適な数はどれぐらいか?

公開日: : 最終更新日:2017/01/05 川嶋雄司の独り言 ,


はっきり言ってプラン数が多過ぎると、お客様は逃げます

こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です。

国内の旅館やホテルをWEBで販売する時、絶対欠かせないのが「部屋タイプ」と「プラン」ですよね?
なぜなら、この2つの登録が無ければ国内の宿泊予約サイトで販売出来ないからです。

ちなみに海外サイトには「プラン」と言う概念がありません。
※だいたい「Room Only」「Breakfast」「HarfBoard」の3パターンぐらいかな?

なので「カニプラン」や「すき焼きプラン」みたいなのは、インバウンドサイトにはありません。

しかし、あれやこれやお料理プランに対応出来る料理スタッフが宿にいたとして、仮にそれら全てをじゃらんnetや楽天トラベルなどでプラン販売しても、プランが多すぎて現場が混乱するのはもちろん 予約しようとするお客様にもストレスがかかってしまい、予約に結びつき辛くなります。


では、どれぐらいの部屋タイプ数が最適なのか?
プラン数はどれぐらいが売れやすいのか?


国内外の違いはありますが、自分なりに色んな視点で書きたいと思います。

売れると言う事は、やはり分かりやすいと言う事

施設の規模にもよるのですが、部屋タイプやプラン数は「予約フォーム」でどれぐらい見やすく比較しやすく、そして分かりやすいか?コレが重要です。


まずお客様が今まさに、ご自身の宿をスマホやパソコンで予約しようとしている視点を持ちましょうね。

そうした場合にプランや部屋タイプが多すぎては、どれを選んで良いのかと迷わせてしまう事が結構あります。

それに管理している方が まずしっかり把握していなければ、お客様も同じように迷わせてしまうんです。
※ちなみにリピーターの方って、毎回だいたい同じプランで予約されます。

なお 部屋タイプですが、わかりやすいところで言えば「松・竹・梅」の価格差ぐらいがあれば、お客様は「竹」を選ぶ心理が強い傾向がありますね。

 

ではどんな客層の方に来て欲しくって、どんなサービスを提供したいのか?

単純にプランが多いだけなのはお客様からして選びづらいし、宿のコンセプトもブレます。

 

また プランが多い事で厨房の対応がパンク状態になる事もあり、流れが悪いと料理提供時間がかかるなど、クレームの元となります。

それに「このプランとこのプランは何が違うの?」や「料金が一緒だけど何が変わるの?」などの問い合わせも増えそうです。

 

ボクなりの結論

まず湯布院エリアに多い、小中規模施設であればと言う前提で結論を書きます。

●お部屋タイプは3つ以内。
●プランは10以下。

コレぐらいで良いでしょう。
ただし、部屋が50も100もあれば話は別ですよ。


もし仮に10部屋ある施設で10タイプを部屋売りされてるとすれば、施設のエリア毎やプラン毎でしっかりすみ分けされる事をオススメします。

この場合 1プランに10部屋全てをヒモ付けするのではなく、3〜5タイプぐらいが良いかな?


プラン=商品です。

お客様からして分かりづらいモノは選ばれづらいモノですから、分かり易さと見やすさに重きを置いて販売提供して行きましょうね!


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司
1975年、福井県高浜町出身。大分県の由布院温泉に在住。 現在、宿泊予約サイト&サイトコントローラーマーケッターとして、大分県・由布院温泉を中心にネット集客のサポートを展開中。特に、宿泊予約サイトコントローラーの「手間いらず.NET」を愛用し、現在24予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、連動・連携可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして、宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館の売り上げに繋げています。

関連記事

SNSが与える消費行動 Pare.2│それは遠く東京まで拡散

意外と破壊力があった「炙りチーズ味噌ラーメン」こんにちは。今日は福岡開催のマックスブログ塾に向けて移

記事を読む

■何気ない事ですが、まずは半年先のネット販売が出来るようにしておく事が大切

こんにちは、湯布院の川嶋です。今日は連休初日。私は…相変わらず自宅に引きこもって作業しようと思っ

記事を読む

サイトコントローラーで多角販売しても、すぐには売れません

まず資料請求をして、一件一件新規契約書に記入して…やっと1件の予約が成立しますサイトコントローラー、

記事を読む

宿の仕事を続けて10年、そして今日で41歳になりました。

これからも宿泊業界に役立つ情報をこまめに発信していけたらと思っています。気がつけば今日でボクは41歳

記事を読む

【特殊なホテルの業界用語】難しいホテル用語は、ホテル・旅館スタッフにほとんど伝わっていないと思った方が良い。Part.2

宿泊業界のセミナーなどで使われる専門用語が分からず、お困りの方へこんにちは、旅館のWEB集客のサポー

記事を読む

「観光産業を担う中核人材育成講座」に参加して気がついた、旅館のムダの多さ

夕食を提供している宿は、ITとオートメーション化が急務と感じました昨日と今日、大分駅裏・ホルトホール

記事を読む

新聞のチラシやテレビCMに違和感を感じる。

お客様に売り込もうとせず、関係性を深めよう。こんにちは。湯布院で旅館のネット集客のサポートをしており

記事を読む

直前キャンセルした方にキャンセル料を振り込んで貰う確率を上げる方法

振り込む気がなかったお客様も、条件付きだったら思わず振り込んじゃうかも!?こんにちは、旅館のWEB集

記事を読む

関心が高いのはやはりNo Show対策│過去のBlogでアクセスや反響が多かった記事まとめ Part.6

2015年秋〜冬にかけて反応の良かった記事を抜粋!今日でブログ950記事目です!って事で、久しぶりに

記事を読む

宿にあったら嬉しい、お客様へのちょっとしたお気遣い│ホテレスで見つけた便利グッズをご紹介!

訪日外国人向けのみならず、日本人の方でも喜ばれるモノを発見しましたBlogで東京出張の事を続けて書き

記事を読む


follow us in feedly



  • Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket Clip to Evernote