手間いらず.NET

日々の在庫・残室を知りつつ利益最大化を目指す│手間いらず.NETアップデート「在庫数アラート機能」追加!│


ただし対応バージョンは「手間いらず.NET2」と「TEMAIRAZU YIELD」のみ

こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です。

この度、バージョンアップした手間いらず.NET(「手間いらず.NET2」&「TEMAIRAZU YIELD」)で、予約取得や在庫手動変更により 在庫数が設定値以下になった場合に メールでアラート通知する事ができる機能が追加されました!


これは中々凄いと思います。

何が凄いかと言うと、「残り2室になった日は 電話予約や自社直予約のみで受け付けたい!」って言う施設にとっては超便利機能だからなんです!


例えば、Aと言う客室で「10」在庫があったとします。
そして「在庫数アラート設定」で残り2部屋になったら、登録メルアドにお知らせする様登録します。

この様にしておけば販売している期間の売れ時の日や売れる客室を把握し、値段や受け入れ人数を意識的にコントロール出来る訳です。

そんな風に、今後手間いらずでコントロールしたいとお考えの施設には、これは有り難い機能かも知れませんね!

設定場所は、ツール>各種ツール>在庫数アラート

この機能は「在庫数アラート」で登録しましょう。




赤丸にメールアドレスを登録すれば、手間いらず.NETを見ずともメールで在庫数をお知らせしてくれます。

なお、在庫数(●部屋以下)もココで設定しましょうね!

※予約取得や在庫手動変更のタイミングで通知があります。
※迷惑メール防止などのために、ドメイン指定などのメール受信制限を利用されている場合、「info@temairazu.com」からのメールが受信できるよう設定をお願いします。


まとめ

改めて感じたのは、これは部屋数がある程度多い施設様や、電話予約・リアルエージェントなどと絡めて販売している施設様向きの機能でしょう。

小規模施設では特にこの設定は必要ないかな?


でもボクは、手間いらず.NETのこう言う細かい進化がたまらなく愛おしいと言うか…ぶっちゃけLOVEですね(笑)

なので これからも旅館やホテルの現場の方に喜んでくれる機能をバンバンお願いします!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県・由布院温泉エリアを中心に、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売が可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 手間いらず.NET

    宿泊予約サイトの一ヶ月の延長作業に掛ける時間を1分以内にしたい

    手のひらの上で、スマホを使って一瞬で販売延長しよう気がつけばもう2月下…

  2. 手間いらず.NET

    年末年始に起きていた、手間いらず.NETの「予約取得時のエラー&不具合」に注意│アラート表…

    放置していたらオーバーブッキングが起きる可能性がありますサイトコントロ…

  3. じゃらんnet

    数ある宿泊予約サイトとサイトコントローラーの操作の事で、ちょっとお困まりの方へ!

    各予約サイトのヘルプページ・よくあるご質問を集めてみました(笑)…

  4. 手間いらず.NET

    中国の民泊仲介最大手 『自在客(ジザイケ)』について調べてみた

    今後日本国内においても日本語化を行い、順次サービスを拡大予定今後、民泊…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. 楽天トラベル

    ■楽天「R ポイントカード」、実店舗で「楽天スーパーポイント」の獲得と利用が可能…
  2. 手間いらず.NET

    楽天トラベル・じゃらんnetの予約を 管理画面でキャンセルした場合、サイトコント…
  3. Booking.com

    5年契約させている会社は、本当にお客様を思っているか?
  4. 湯布院ファイト

    自然災害にはSNSの発信が肝│阿蘇山噴火に思う事
  5. 川嶋の原点

    過去のBlogでアクセスや反響があった記事をまとめてみました!Part.4
PAGE TOP