*

いまさら聞けない「ゲストハウス」と言うカテゴリーとは?


主な特徴を要チェック

こんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしている川嶋(@maidokawashima)です。

先日レジャーホテルの事を記事に書きましたが、ここ最近の訪日外国人増加の影響を受け、「民泊」以外にも「ゲストハウス」と言う種類の宿泊施設が増えているのはご存知でしょうか?
※シティーホテルの記事はコチラ

【ゲストハウスとは?
アメニティサービスなどを省いた素泊まりの宿で、海外ではバックパッカー(リュック1つで格安な宿を泊まりながら長期的に旅をする人)が利用する宿として知られています。
個室もありますが、ドミトリーと呼ばれる相部屋を提供しているトコロが主です。


昨今 市街地・観光地では、古い民家を改造した低料金のゲストハウスが増えています。

都心でも雑居ビルの一角を改装したゲストハウスも増加しており、個人で起業する人もちらほら…。

しかし新規参入しやすいってことは、競合も出来やすいって事です。




もちろん、じゃらんnetや楽天トラベル等でも販売&予約も出来ますよ。

ではゲストハウスについて少し調べてみましょう!

ゲストハウスは共用スペース利用で宿泊代が抑えられています

バス・トイレはほとんどが共用になります。
※設備は収容人数に応じて設置するので、10人以下ならトイレ1個でもOK

それにリビングや自炊のできるキッチンも共用で使用出来ます。

お風呂も共同の大浴場のようなものは基本ありません。シャワールームが主。

浴衣・歯ブラシセット・髭剃り・バスタオルなどのアメニティも用意されておらず、有料での販売もしくはレンタルという形態をとっています。


基本、ホテルや旅館では当たり前のように思われるサービスがありません。
お布団またはベッドのシーツはお客さん自身で敷きます。

なお、お食事の提供もありません。
でもその分、時間の制約がないので気軽さはありますね。

まとめ

ゲストハウスをオープンさせるためには、保健所・建築課・消防所に問い合わせをしないといけません。
この3つをクリアにしないと、ゲストハウスの営業はできません。


それにゲストハウスは旅館業法の簡易宿所にあたり、正規のホテルや旅館とは区別されています。

ちなみに旅館業法では5部屋以上の客室を持つ施設を旅館と言い、4部屋までの施設が簡易宿所扱いです。
5部屋以上でも 2段ベッドを置いていると簡易宿所になり、カプセルホテルも仲間になります。


なので冒頭にも書きましたが 旅館やホテルに比べてゲストハウスは開業しやすいので、都心の方ではプチ開業ラッシュが起きているんですよ。

しかしインターネット上では、違法民泊と言う強敵が居ます。
違法と言えど、駅近・トイレバス付き個室・貸切スタイルなどなど種類も様々…。

さらに、場所によっては1,000円以下のエリアもあり、よほど個性や独自性がないと価格競争に巻き込まれます。


思っている以上にライバルは多く、エリアによっては結構厳しそうな感じがします。


 

そんな中、今回なぜゲストハウスの事を書こうと思ったのかと言いますと、Facebookで繋がっているTさんの投稿を幾度と見て、一度ちゃんとリサーチしてみようと思ったからなんですよね。

個人的にいつも応援してます!
大阪に行く機会がありましたら、是非「Shin Osaka Backpacker’s Hostel」をオススメします!



※今回TさんのFacebook投稿を参考に、記事にさせて頂きました。
いつも、いいね!やコメントありがとうございます!!


The following two tabs change content below.
川嶋 雄司
1975年、福井県高浜町出身。大分県の由布院温泉に在住。 現在、宿泊予約サイト&サイトコントローラーマーケッターとして、大分県・由布院温泉を中心にネット集客のサポートを展開中。特に、宿泊予約サイトコントローラーの「手間いらず.NET」を愛用し、現在24予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、連動・連携可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして、宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館の売り上げに繋げています。

関連記事

4月の地震で苦戦すると思われた、2016年夏の予約動向を振り返って

良いも悪いも「九州ふっこう割」の影響が出た夏でした。さてさて、気がつけば8月も終わり…早かったですね

記事を読む

大佐のセミナーを受けて感じた事 Part.2│「楽しそう」を発信しよう

どの業種でも共通しています昨日の続きです。エクスマ塾生の大佐こと染谷さんのセミナーを受けに北九州に行

記事を読む

■観光庁のアンケートで見る、外国人旅行者の日本の受入環境に対する不便・不満など

  訪日外国人のお困り事は、無線LAN・公共交通機関・クレジットカード・そしてコミュ

記事を読む

テクノロジーの進化の先に今後の宿泊を想う

人工知能・ロボット・3Dホログラム・プロジェクションマッピング…etcで旅行の概念が変わる自宅に居な

記事を読む

娘が生まれてはや5年たちました。

週1・2回の父親ですが、なんとか育ってます今、嫁と娘は国東の嫁の両親の実家にいまして、ボクは平日湯布

記事を読む

「第1回 大分デジタル販促まるわかり勉強会」に参加して来ました!Part.2

 決断より行動。SNSをビジネスに活かしたいとお考えの方は行くべき。 こんにちは!宿泊予約サイ

記事を読む

5年契約させている会社は、本当にお客様を思っているか?

5年間解約出来ないなんて、そんな会社に未来はないかも?最近由布院温泉エリアで、東海地方のシステム会社

記事を読む

GW明けに、SNSを使ってすべき事。

特定の誰を思って発信出来るのか? こんにちは!宿泊予約サイトが大好き♪湯布院ネット集客サポータ

記事を読む

インターネットは災害時の為に産まれた│鳥取地震に思う事

旅館・ホテルは地震が起きてからの対応が大切だと感じますこんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしてい

記事を読む

■2015年。これからやっておきたい事、やってみたい事。

ネット販売はシンプルにやったモン勝ちの世界 毎日宿泊予約の事ばかり考えている川嶋です。年末年始

記事を読む


follow us in feedly



  • Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket Clip to Evernote