手間いらず.NET

中国の民泊仲介最大手 『自在客(ジザイケ)』について調べてみた


今後日本国内においても日本語化を行い、順次サービスを拡大予定

今後、民泊業界の勢力図を塗り替えようとしています。

米国発の民泊仲介サイトAirbnbの2016年3月時点における日本国内のリスティング数(提供部屋数)は約2万6000件。

だが、中国系民泊仲介サイトの一つ「自在客(日本名:じざいけ、中国名:ツーザイクゥ)」は、日本国内で既に約1万2000室を提供しております。

「自在客」
http://www.zizaike.com/

スクリーンショット 2016-07-10 14.58.12

【自在客とは?】
2011年に設立された『自在客』は中国上海に本拠を置く、健雲ネットインフォメーションテクノロジー(上海)有限公司が運営する中国最大級の民泊仲介サービス(グローバルバケーションレンタルサイト)。携帯アプリ「台湾民泊」も展開しています。
「自在客」とは「旅行者を自由自在に」という意味で、旅行を楽しんでもらいたいという意味が込められています。


「異国の生活や文化を味わう」をスローガンに、中国、台湾を中心に仲介実績を急速に伸ばしており、全世界で約1万人のホストが約5万室(約4万2000室が台湾)を提供しております。

自在客はFIT(Free Individual Travel:個人手配の自由旅行)に強い点が特徴ですね。

なお物件の8割以上は台湾ですが、日本、アメリカなどの海外展開も加速しています。

そんな中、サイトコントローラーの「手間いらず.NET」が 『自在客』と提携

川嶋の大好きなサイトコントローラーと言えば「手間いらず.NET」ですが、この度2016年4月27日に民泊仲介サイトとのシステム連携を発表!

民泊サイトとの連携は、国内のサイトコントローラーの中では今回が初めての事。

遂に手間いらず.NETも、今後成長が期待されている民泊での市場創出に向けて対応することとなりました。


なお手間いらず.NETは、旅館業法に基づく宿泊施設、または特区による旅館業法適用除外施設のみで対応していくようです。

現在Airbnbはサイトコントローラーと連携しない姿勢ですので、今後自在客がグイグイ勢力を広げそうな予感がします。

手数料について

Airbnbはホストとゲストの両方から手数料を取る仕組みですけれど、自在客はゲスト(宿泊客)からは一銭も取らず、ホスト(宿)から手数料10%を取る仕組みです。

この辺りは手数料のパーセンテージ含め、じゃらんnetと一緒ですね。

ちなみに、Airbnbは宿泊予約が成立した場合のみ
■ゲスト(宿泊客)から…宿泊料金(清掃費などの別途料金も含む)の合計額に対して6〜12%
■ホスト(宿)から…宿泊料金(清掃費などの別途料金も含む)の合計額に対して3%
をAirbnb側が受け取る仕組みになっています。

中国の旅行者は「ゲストが手数料を徴収される」ということに慣れていないようですので、Airbnbの仕組みでは通用しないんでしょうね。


民泊はボクも取り扱った事は無いのですが、詳しく知りたい方は下記のリンクで勉強しましょう!

The following two tabs change content below.
川嶋 雄司

川嶋 雄司

代表取締役(株)旅月
1975年生、福井県高浜町出身。21歳の時、九州〜福井を自転車旅行した際に大分県湯布院町が気に入り、そのまま移住。 現在は大分県・由布院温泉エリアを中心に、旅館やホテルのネット集客のコンサル・サポートを展開中。 特にサイトコントローラー(手間いらず.NET・ねっぱん!・TL-リンカーン)を愛用し、現在25予約サイト・3自社予約フォーム・3サイトコントローラー・1プラン一括管理ソフトを使い、多角販売が可能に。 以前旅館で勤めていた経験を活かして 宿泊施設様のお悩みや痒い所にお応えし、旅館・ホテルの売り上げUPに繋げています。

関連記事

  1. 新しい旅行のあり方

    AI(人工知能)が出張を応援!?│遂に登場!その名も「AI Travel」

    これからは、検索→AIへこんにちは、旅館のWEB集客のサポートをしてい…

  2. Booking.com

    Booking.comが民泊に意欲!│Airbnbとの競争激化か?

    負け試合は挑まないだろうBooking.comの強みと、今後の展開とは…

  3. 手間いらず.NET

    【川嶋が手間いらず.NETを推す理由とは?】料金も在庫もスマホでカンタン自由自在に。

    手のひらで全宿泊予約サイトの料金と在庫を24時間いつでもコントロールし…

  4. 川嶋雄司の独り言

    宿泊施設は「九州ふっこう割」のコンビニクーポンをやるべきか否か?

    オンライン予約率と稼働率が高い宿はあまりメリット無いかも今流行の「九州…

<旅館・ホテルのコンサル 川嶋が予約サイトの気になる事をYouTubeで解決>

カテゴリー

人気のBlog記事



  1. Relux(リラックス)

    【Reluxの動向がアツい! Part.4】ReluxとMastercardが業…
  2. ねっぱん!

    ねっぱん!連動のお知らせ│熊本県民必見!地元人自らが情報発信する「熊本の魅力」再…
  3. 川嶋雄司の独り言

    猛烈な台風18号が接近!でも徳島へ行きます!!
  4. じゃらんnet

    旅行メディア『itta』の「itta掲載の宿」と、宿泊予約サイト「じゃらんnet…
  5. じゃらんnet

    じゃらんnetの「販促クーポン」を申し込んだけれど、作り方が分からない人へ
PAGE TOP